自主的に病気を予防

最近では生活習慣病を意識して健康診断を自主的に受ける人が増えてきました。健康診断は企業では年に一度は行われていると思いますが、企業に属していない自営業の人や、主婦やアルバイトの人などはなかなか健康診断を受ける機会もないと思います。自主的に病院や人間ドックにいかなければいけません。
自分の健康のために行くべきではありますが、なにせ保険適用外であるので数千円~1万円とお金がかかります。企業で定期健診が行われる場合はその企業が料金を負担しますが、定期健診で8000~1万円、生活習慣病健診で16000円~2万円です。また、健康保険組合に加入している場合は少し安く5000円前後で受診出来るようです。そして健康保険組合加入していない主婦やフリーターの人は自分でお金を払って行くしかありませんが、料金は1万円前後のようです。これは病院によって金額は違います。そして検査項目は労働安全衛生規則第44条で定められており、全部で13項目あります。1つ目は既往歴、喫煙歴、服薬歴、業務歴の調査。2つ目は自覚症状、他覚症状の有無の検査、3つ目は身体測定(身長、体重、腹囲)、4つ目は視力、5つ目は聴力、6つ目は貧血検査、7つ目は血糖調査、8つ目は血圧の測定、9つ目は血中脂質検査、10個目は胸部レントゲン、11個目は肝機能、12個目は尿検査、そして13個目は心電図となっています。さらにオプションで特定の病気を意識して追加料金を支払い検査をすることも出来ます。この検査でさまざまなことがわかるので予防や治療を行うきっかけになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。